ガムとニコレットの違いは

タバコが健康に悪いというのは、多くの人が知っていることです。タバコの煙には、化学物質が4000種類以上含まれていて、そのうち発がん性物質は60種類もあるのです。タバコの3大成分といえば、タールと一酸化炭素とニコチンです。タールには発がん性物質が含まれていて、特に呼吸器系の病気やがんとの関係が深いと考えられています。一酸化炭素は、体の中に入ると、ヘモグロビンの酸素運搬能力を低下させます。そして、酸素欠乏を引き起こすのです。ニコチンは、脳の中枢神経に作用し、胃の収縮力を低下させます。健康に悪いからタバコを止めようと思っているのに、止められない人は非常に多いです。なぜ止められないかというと、身体的依存と心理的依存があるからです。2つの依存のために、禁煙すると様々な離脱症状が起こってきます。依存を克服するための療法のひとつが、ニコチン置換療法です。ニコチン置換療法で有名なのがニコレットです。ニコレットは、医薬品で、ガムとは違います。ガムと同じように噛むのではなくて、正しい噛み方をマスターする必要があります。ニコレットは、1回1個を使用します。シートからニコレットを取り出したら、ピリッとした味を感じるまで、ゆっくりと15回程度噛みます。その後、歯茎と頬の間に1分以上置きます。これを約30分から60分繰り返します。その後、ガムを紙などに包んで捨てます。禁煙に慣れてきたら、1週間単位でニコレットの使用を1個から2個減らしていきます。禁煙補助剤には、パッチ型のものもありますが、ニコチンの過剰摂取になる可能性があるため、ニコレットとの併用はできません。また、病気の治療を受けている人は、ニコレットの使用前に医師や薬剤師に相談する必要があります。

ニコレットを噛むことでどうなるのか

たばこを吸わなくては生きていけないとまで考えるひとも愛煙者には大勢います。そういう人の多くがたばこに含まれるニコチン依存症になっているということが知られており、ニコレットはそういう人が禁煙をしようと思い立ったときに助けになる禁煙補助薬の一つです。ニコレットはガムとして販売されており、噛むことによってニコチンを摂取することができるというのが特徴です。たばこをやめられない原因がニコチン依存症である場合には、別のものからニコチンを摂取するようにすることでまずはたばこをやめるということが行いやすくなります。たばこが好きな人にとってその香りや口元の感覚がやめられない原因であるということもありますが、それらに加えて大きな要因となっているニコチン依存症という厄介な部分をニコレットを噛むことによって克服することができるとされています。ニコレットによってたばこをニコレットに置き換えることができれば、たばこによる健康被害の大半から身体を守ることができるようになります。そのため、焦らずに落ち着いてそれからニコチン依存症の克服を行っていけばよいと考えることができるようになるでしょう。そのためにはニコレットを少しずつ減らしていけば良いということになり、その方法も確立されています。こういった形でニコチン依存症であることが障害になってたばこをやめられないという人も、ニコレットを噛むことによってサポートを受けてたばこをやめやすくなり、さらにはニコチン依存症の克服も行っていくことができます。そういった目的で用いられるのがニコレットであり、禁煙を目指す愛煙者にとっては有用な禁煙補助薬としてのちいを確立しています。

煙草を吸わない人がニコレットを噛むとどうなる?

ニコレットは喫煙者が禁煙をするために用意された医薬品のひとつで、ニコチン置換療法として使用されています。ガムの中には2mgのニコチンが含有されているため、タバコを吸いたくなった時に噛むことでガムからニコチンを補給するというものです。通常はタバコを吸う人が噛むと、ニコチン不足によって起こるイライラなどの離脱症状を軽減し、さらに口寂しさを誤魔化す効果がありますが、普段からタバコを全く吸わない人が噛むと初めてタバコを吸った時と同じ症状が現れます。ニコチンによって受容体から快楽物質となるドパミンが放出され、興奮状態に移行するのですが、急激な変化によってお酒に酔ったような感覚、あるいはフラフラとするめまいを起こします。タバコを吸う人でも、長時間の禁煙後に再びタバコを吸うと同じような状態になりますが、一時的なもので少し休むことで正常に戻ります。タバコを吸わないから絶対に噛んではいけないというわけではありませんが、ニコチンそのものが有害物質なため、喫煙するのと同じくらいの害があることは理解しておきましょう。味を確かめる程度に1度や2度の使用にはまったく問題ありませんが、味が気に入ったという理由で噛み続けると、禁煙するのと同じように噛むのを止められないということにもなります。ニコチンには依存性があり、タバコを止められない人のほとんどは、このニコチンに対する依存性が理由です。実際に禁煙目的で噛んでいた人が、タバコは止められたけれどもニコレットを止めることができないという人もいます。現在ではニコレット依存症という言葉があるように、非常に多くの人がガムを噛み続けていることがあるため、健康のためにもいたずらに噛むような行為は控えなければいけません。